味がいいと口コミでおすすめのPhDプロテイン
2022年5月18日

睡眠不足が美容の大敵だと言われる理由とは

睡眠不足が美容の大敵だと言うのは、ずいぶん昔から言われていることです。この言葉を経験として実感したことがあると言う人は多いかと思われます。ではどうしてこのようなことが言われているのかと言うと、これにはしっかりとした理由があります。まずひとつは、成長ホルモンの分泌が減少してしまうことです。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、美容に対しては勿論のこと、健康に対しても大きな作用をもたらすホルモンです。よってその分泌量が減少すると、様々な面において影響が出てくると言うことです。たとえば成長ホルモンは、肌に対してはその生まれ変わりであるターンオーバーの周期を整える、傷ついた細胞を修復するなどの作用を持っています。そのため睡眠不足が続くと肌が荒れたり、しみやくすみが一向に改善されないなどの美容への悪影響が発生しやすくなります。

それから睡眠には体や脳をリラックスさせる作用もあります。これは体の自律神経の内、副交感神経が優位になるためです。副交感神経が優位になると、たとえば血管が拡張され、血流が促進されると言った作用が体の中では起こります。すると肌や髪などにも必要な栄養が届けられやすくなり、それらの美容に対しても良い影響が期待できます。

逆に睡眠不足になり自律神経の内、交感神経が優位になり続けていると、体は常に緊張や興奮、覚醒を強いられているような状態ですから、これは美容にとっても刑して良い状況とは言えないと言うのも理由です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です