味がいいと口コミでおすすめのPhDプロテイン
2022年5月24日

睡眠不足は美容の大敵です

寝不足という日が続くと、調子が悪いと感じたり、何だか肌が荒れていると感じる人も多いのではないでしょうか。睡眠は昼間にフル稼働した脳や体を休ませて、疲労を回復してくれる役割を担っています。健康を保つには欠かすことのできない非常に大切なものです。また、美容にとっても睡眠はとても大切です。

それは、人間の肌は眠っている間にターンオーバー(新陳代謝)が活発に行われる仕組みになっているからです。健康な状態であれば、ターンオーバーによって常に新しい皮膚がつくられているため、多少のダメージを受けても大きな肌トラブルには発展することはありません。しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、剥がれ落ちるはずの皮膚が剥がれ落ちずに残ってしまうようになります。そして、新しい細胞に入れ替わるのが遅れ、角質層のバリア機能が低下してしまうことになります。

すると、ほんの少しの刺激でも肌トラブルが起こりやすくなってしいまいます。乾燥肌になってしまったり、ニキビや吹き出物などができたりしてしまいます。ですから、美容にとって睡眠不足は大敵です。それから、睡眠不足だと自律神経の働きにも影響が出ると言われています。

自律神経が上手く機能してくれないと、ホルモンバランスも崩れやすくなります。すると、肌の免疫力が低下してしまうので、肌トラブルも起こりやすくなってしまいます。美容のためには、睡眠の十分な量を確保することが大切です。また、寝ている時間が長くても、眠りが浅く熟睡できない場合にも肌のターンオーバーは乱れやすくなるので注意が必要です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です